93%以上節約 汎用リヤハブ 最大67%オフ

汎用リヤハブ

merkamusic.com,3300円,汎用リヤハブ,/ethmovomer1468941.html,自動車・オートバイ , オートバイパーツ , ホイール 汎用リヤハブ 最大67%オフ! 3300円 汎用リヤハブ 自動車・オートバイ オートバイパーツ ホイール 汎用リヤハブ 最大67%オフ! 3300円 汎用リヤハブ 自動車・オートバイ オートバイパーツ ホイール merkamusic.com,3300円,汎用リヤハブ,/ethmovomer1468941.html,自動車・オートバイ , オートバイパーツ , ホイール

3300円

汎用リヤハブ

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域沖縄県
発送までの日数1~2日で発送




リアホイール ハブ PCD140 NK企画にて購入致しましたが、別のホイールを購入致しましたので出品致しました。 未使用品ですが購入時から細かい傷や内側の刻印?ロゴ?削られていました。 ご理解の上ご購入お願い致します。 NK企画の説明文も画像にアップしてありますご確認下さい。 定価以下 ご購入を希望の方はトラブル防止の為プロフィールを必ず読んでください。 宜しくお願い致します。

汎用リヤハブ

La Femme 「Sacatela」

2022.10.11

ラ・ファム(女性)の「サカテラ(脱いで)」です。



フランス風の「悪趣味」が全開でいいですねえ(笑)。

ラ・ファムは日本語Wikipediaのページだと「ロック・バンド」という紹介がされていますが、個人的にはいわゆるキャバレー・ミュージックの系譜を汲んだグループという認識です。サイケ・ポップという紹介が分かりやすいかなとも思いますが、この「なんでもアリ」感は、なかなか表現するのが難しいですね(笑)。

えー、この「サカテラ」は今年(2022年)リリースされたアルバム『Teatro Lucido(テアトロ・ルーシド:明晰劇場)』からの曲です。アルバム名、曲名、歌詞はスペイン語ですね。
スポンサーサイト



miumiuポルカドットカーフレザーポーチ

2022.10.08

ナンシー・アジュラムの「アーラ・シェネク(貴方のために)」です。



まさかの印度ネタですね。動画の冒頭で、箸を使ってインスタント麺(おそらく韓国製のアレw)を食べていたのもあって1分30秒あたりまでインドだと気づきませんでした(笑)。まあ、そこまでにもカポエイラだったり闘牛士(&フラメンコ)だったりのネタが入って一見無国籍風を装っていますが、何でもアリのボリウッド映画経由と考えるとやっぱりインドがメインということなんだと思います。レバノンの方が思う「インドっぽさ」が微妙に私とはズレがあって、そこがまた面白いです。

えー、ナンシーさんですが日本語Wikipediaの情報が10年ほど前で止まってますが、もちろん現役バリバリです(笑)。この「アーラ・シェネク」のミュージック・クリップは新作ですが、曲自体は2021年にリリースされたアルバム『Nancy 10』に収録されてます。

Mădălina Pavăl 「100 de Ploi」

2022.10.05

マダリナ・パーヴァルの「オスータ・デ・プロイ(百の雨)」です。



ルーマニアの民族音楽をベースにしているそうですが、オーケストレーションなどの感じからスロヴァキア方面のサウンドっぽい印象もありますね。まあ、そもそもルーマニアの民族音楽を知らないので、自分の知ってるスロヴァキア方面のサウンドとの共通点に耳が行ってるだけなんだろうと思いますが、けっこう好きなサウンドです。

マダリナさんは2019年にアルバム『Oamenii Se Fac Dor(オアメニ・セ・ファク・ドール:人々はお互いを恋しく思う)』でデビューされた方です。この「オスータ・デ・プロイ」は今年リリースされた2枚目のアルバム『ROIESC(ロイエスク:群がる)』に収録されています。

Atiye 「Dalgana bak」

2022.10.02

アティエの「ダルガナ・バク(波を見て)」です。



リパーカッションズやインコグニートあたりの楽曲をベースに、最近のヒップホップ系や70年代ディスコポップ、アナトリア、アラブのサウンドを取り入れた感じとでも言うんでしょうか、とにかく説明しづらいです(笑)。この「ごった煮」感を出すには、ポピュラー音楽のとてつもなく幅広い知識を基礎として持っていないと無理なんじゃないかと思います。

アティエさんは2006年デビューのトルコのシンガー/ソングライター。これまでに5枚のアルバムをリリースされていて、トルコではけっこう人気のある方っぽいです。この「ダルガナ・バク」は最新アルバム『Deli İşi(ディリ・イシュ:クレイジー・ビジネス)』に収録されています。

いい機会なので2006年のデビュー曲「Don't Think(ドント・シンク)」もどうぞ。



この曲のアレンジ、なかなか面白くて好きです。入りは「トムズ・ダイナー」っぽいですが、そこからの展開がいい意味で予想を裏切ってくれてます。

Alice Phoebe Lou 「SHE」

2022.09.29

アリス・フィービー・ルーの「シー」です。



このライヴ・バージョン、いいですねえ。元のヤツも悪くはないんですが、タテ(リズム)とヨコ(音量)がキレイに均(なら)されすぎてる印象ですね。そもそもが映画のサントラ用の作品なので、仕方がないといえばそうなんですが……。

アリスさんはベルリンをベースに活動されているインディー系のシンガー/ソングライターです。2018年には来日もされているので経歴などは検索するとけっこう出てきますね。
%Pseudo_Original_Content_3%